読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本遺産の構成文化財、89年まで稼働の変電所にスプレーで落書き

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本遺産「炭鉄港」の構成文化財の一つ「幌内変電所」(北海道三笠市)で落書きされているのが見つかった。

落書きされた幌内変電所の玄関付近(20日、三笠市で)
落書きされた幌内変電所の玄関付近(20日、三笠市で)

 保全・管理に取り組む団体「みかさ炭鉱の記憶再生塾」が19日午前に見つけた。玄関や建物の壁、周囲の小屋などにスプレーで文字や絵が書かれていた。周辺に落書きに使ったとみられるスプレー缶が残されていた。18日午後3時頃には落書きはなかったという。

 幌内変電所は約100年前に建てられたレンガ張りコンクリート造り2階建て。1989年の幌内炭鉱閉山まで稼働していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2382439 0 社会 2021/09/21 09:10:00 2021/09/21 09:10:00 2021/09/21 09:10:00 落書きされた幌内変電所の玄関付近(20日、三笠市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210921-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)