読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】電動自転車のバッテリー盗難が多発、転売目的に被害女性「想像もしていなかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 電動アシスト自転車のバッテリーが盗まれる被害が相次いでいる。寿命で定期的な交換が必要なために需要が高く、ネット上で転売されている。コロナ禍で「密」を避ける移動手段として利用する人が増えたことも影響しているとみられ、警察は取り外して家の中で保管するなどの対策を呼びかけている。(夏井崇裕、高木文一)

盗難被害が相次いでいる電動アシスト自転車のバッテリー。車体に固定する専用のワイヤ錠もある(大阪市阿倍野区で)
盗難被害が相次いでいる電動アシスト自転車のバッテリー。車体に固定する専用のワイヤ錠もある(大阪市阿倍野区で)

鍵穴を破壊

 大阪市平野区で7月下旬、出勤前の介護ヘルパーの女性(45)が、駐輪場に止めていた愛用の電動アシスト自転車のバッテリーがなくなっていることに気付いた。車体に固定するための鍵穴が壊されており、何者かが持ち去ったとみられる。

 女性は2年前、子どもの送迎のために購入した。「バッテリーを狙うなんて想像していなかった。仕事にも使っているのに許せない」と憤った。

 大阪府自転車商防犯協力会によると、電動アシスト自転車のバッテリーは車体に鍵をかけて固定されており、充電の際に解錠して取り外す。一般的に寿命は3~4年で、買い替えると3万~5万円するという。

東京都青梅市の事件で、警視庁が押収した電動アシスト自転車のバッテリー=警視庁提供
東京都青梅市の事件で、警視庁が押収した電動アシスト自転車のバッテリー=警視庁提供

3000~1万7000円で売却

 大阪府警によると、今年に入って特に被害が目立っている。昨年は月1~17件で推移したが、今年1月に27件の被害を確認。7月に51件、8月に61件発生し、8月末までに計284件で、昨年1年間(129件)を大幅に上回っている。

 府警は今月2日、大阪市平野区の集合住宅の駐輪場で、バッテリー4個(10万5000円相当)を盗んだとして、無職の男(35)を窃盗容疑で逮捕。捜査で、男が神戸市内の自転車販売店に約50個を転売していたことが判明した。

 東京都内でも被害が相次ぎ、8月末現在の被害件数は218件(前年同期比124件増)。警視庁は7月に通信制高校の男子生徒3人を逮捕。3人は2月以降、フリーマーケットアプリにバッテリー約40個を出品し、1個3000~1万7000円で売却していた。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2383778 0 社会 2021/09/21 15:00:00 2021/09/21 18:09:45 2021/09/21 18:09:45 盗難防止策について説明する池田さん。バッテリーと車体をつなぐ鍵が有効だ(大阪市阿倍野区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210921-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)