読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】回収された古紙から茶封筒に入った1万円札192枚…警察が持ち主捜す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都東村山市にある民間の古紙リサイクル工場で、回収された古紙の中から1万円札192枚が見つかったことがわかった。届け出を受けた警視庁東村山署が拾得物として保管し、持ち主を捜している。

警視庁
警視庁

 同署幹部によると、20日午前9時頃、回収された新聞紙やチラシの選別作業をしていた職員が、茶封筒に入った1万円札192枚を発見した。

 同工場では、主に東村山、東久留米、小平、東大和4市で回収した古紙を扱っている。現金は保管期限の3か月を過ぎて持ち主が現れない場合、工場側の所有物となる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2385921 0 社会 2021/09/22 08:09:00 2021/09/22 08:49:24 2021/09/22 08:49:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210921-OYT1I50163-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)