読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

赤信号で横断、バイクと接触した歩行者を重過失傷害容疑で書類送検…運転者が大けが

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知市の国道56号で7月、横断中の歩行者とバイクが接触、バイクの運転者が大けがを負う事故があり、高知県警高知南署は22日、歩行者の高知市内の看護師の男(51)を重過失傷害容疑で書類送検したと発表した。送検は16日付。県警によると、車両と歩行者の事故で、歩行者が同容疑で摘発されるのは珍しいという。

高知県警
高知県警

 同署の発表によると、男は7月15日午後7時40分頃、同市鴨部の国道56号で、押しボタン式の信号機がある横断歩道を、赤信号で横断。黄色点滅の国道を直進してきたバイクと接触、バイクは弾みで転倒し、運転していた高知市内の30歳代会社員男性に左手の骨を折る重傷を負わせた疑い。男は転倒したが、けがはなかった。

 現場は片側2車線の直線。男は買い物帰りで幼児を抱えていたが、子どもは無事だった。調べに対し、「早く帰りたかった」と説明。県警は、信号無視で事故を起こし、男性のけがが重いことなどから、男の過失が重大と判断した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2388714 0 社会 2021/09/23 07:28:00 2021/09/23 10:46:02 2021/09/23 10:46:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210922-OYT1I50152-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)