読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3回目接種、12月に医療従事者対象100万人…厚労省案 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は22日、新型コロナウイルスワクチンについての自治体向け説明会を開き、3回目接種のスケジュール案を示した。12月に医療従事者約100万人、来年1月には高齢者らを含めた約300万人への接種を想定し、自治体に準備を進めるよう求めた。

厚労省
厚労省

 厚労省は17日、ワクチンの効果が時間とともに低下する恐れがあるとし、3回目接種を実施する方針を決めた。2回接種完了から8か月以上の間隔を空け、基本的に同じ製品を使用するとした。3回目接種の対象者をどこまで広げるかについては検討が続いている。

 22日の説明会はオンラインで行われた。2回目接種を終えた全員が対象になったとしても、スムーズに接種ができるような体制整備を自治体に求めた。

 スケジュール案では、12月は、3~4月に2回接種を完了した医療従事者104万人に、来年1月は医療従事者200万人、高齢者61万人、その他の一般住民43万人の計304万人に3回目の接種を行うことを想定している。高齢者の3回目接種が本格化するのは来年2、3月になる見込みだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2388459 0 社会 2021/09/23 05:00:00 2021/09/23 09:02:31 2021/09/23 09:02:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210923-OYT1I50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)