読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鹿沼をシューマイの街に…駅前に「シウマイ像」設置「横浜に次いで2位に」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県鹿沼市出身で「シウマイ弁当」で知られる「崎陽軒」(横浜市)初代社長の野並茂吉氏(1888~1965年)を顕彰する彫刻の「シウマイ像」が22日、鹿沼市の玄関口・JR鹿沼駅前に設置された。除幕式には3代目の野並直文社長(72)や福田知事、佐藤信市長らが駆けつけ、「鹿沼をシューマイの街に育てよう」とエールを送った。

JR鹿沼駅前に設置された「シウマイ像」(22日、鹿沼市上野町で)
JR鹿沼駅前に設置された「シウマイ像」(22日、鹿沼市上野町で)

 鹿沼商工会議所の創立75周年記念事業の一環。長く愛されるシンボルをつくり、崎陽軒と連携してシューマイによる街おこしも進める。

 制作は、東京芸術大の非常勤講師、石井琢郎さん(42)が担当。茂吉氏のふるさと・同市加園地区の児童たちと「にぎる」をテーマにアイデアを練り、鹿沼産の 深岩ふかいわ 石四つを組み合わせ、高さ約90センチ、幅85センチ、奥行き2メートル80の彫刻を仕上げた。石井さんは「像中心部の空洞は、手を握ってもわずかな隙間ができることをイメージした」と話した。

 直文社長は「茂吉は喜んでいると思う。シウマイによる街おこしは素晴らしいアイデアで、出来ることは協力したい。シウマイ消費量全国1位(横浜市)の座は譲れないが、ぜひ2位になるよう頑張ってほしい」と会場を笑わせた。

 鹿沼商議所の担当者は「崎陽軒が市内の飲食店向けにワークショップを開催してくれるなどシューマイの街づくりが進み、専門店や飲食店など約50店舗が参加している。鹿沼を盛り上げたい」と張り切っていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2388913 0 社会 2021/09/23 12:28:00 2021/09/23 12:28:00 2021/09/23 12:28:00 JR鹿沼駅前に設置された「シウマイ像」(22日、鹿沼市上野町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210923-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)