読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県警本部長、林道で男性はねて自ら110番…秋の交通安全期間中

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 23日正午頃、前橋市柏倉町の林道で、群馬県警本部の 千代延(ちよのぶ)晃平(こうへい) 本部長(50)の乗用車が、治山工事の休憩中に道路左脇で座っていたとみられる同市の作業員男性(30)をはねた。男性は腕や脚を打撲する軽傷。千代延本部長にけがはなく、自ら110番した。

千代延晃平・本部長
千代延晃平・本部長

 県警の発表では、現場の林道(幅4・9メートル)は赤城山麓の緩い右カーブ。千代延本部長はランニングへ向かう途中で、170メートル先の公園駐車場に車を止めようとしていたという。県警が事故原因を調べている。

 秋の全国交通安全運動期間中で、千代延本部長は「被害者の方にお見舞いとおわびを申し上げる。県民の皆さまに大変申し訳ない」とのコメントを出した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2389823 0 社会 2021/09/23 21:56:00 2021/09/24 17:16:12 2021/09/24 17:16:12 千代延晃平・新暴力団対策部長千代延晃平・暴力団対策部長 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210923-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)