読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

愛知リコール署名偽造、初公判で事務局長側が認否を留保「準備中」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡り、署名を偽造したとして地方自治法違反に問われた、署名活動団体事務局長で元県議の田中孝博(60)、次男の雅人(29)両被告の初公判が24日、名古屋地裁(板津正道裁判長)で開かれた。罪状認否で、田中被告は「弁護人から説明します」と述べ、弁護側は「準備中」として認否を留保した。雅人被告も「弁護士にお任せします」と述べ、弁護側は「客観的事実は争わない」とした上で、共謀関係や犯罪の構成要件については留保するとした。

名古屋地方裁判所
名古屋地方裁判所

 冒頭陳述で、検察側は「田中被告は思うように署名が集まらず、解職請求が成功しないと考え、署名を偽造することを企てた」と述べた。さらに、田中被告が雅人被告に名簿業者から有権者のデータを購入させ、偽造を指示したと主張した。

 起訴状では、2人は元広告関連会社社長の山口彬被告(38)(地方自治法違反で在宅起訴)と共謀し、昨年10月下旬、佐賀市内でアルバイト3人に有権者計71人分の氏名を署名簿へ書き写させて偽造したとしている。

 事件を巡っては、署名活動団体が、知事の解職の賛否を問う住民投票の実施に必要な署名約86万7000人分のうち、およそ半分の約43万5000人分を集めたが、愛知県選管の調査でその8割超が無効と判明。愛知県警は田中被告ら計4人を地方自治法違反容疑で逮捕した。このうち田中被告と雅人被告が起訴され、他の2人は処分保留で釈放された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2390852 0 社会 2021/09/24 11:11:00 2021/09/24 12:13:32 2021/09/24 12:13:32 名古屋地方裁判所、名古屋高等裁判所。名古屋市中区で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210924-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)