読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

偽造診断書25回提出し休暇・休職、東大職員を懲戒解雇…給与450万円不正受給

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京大は24日、偽造した診断書をもとに休みを取り、約450万円の給与を不正に受給したとして、50歳代主任の男性事務職員を懲戒解雇にしたと発表した。処分は22日付。

東京大学
東京大学

 東大によると、男性事務職員は、過去に病院から正規に発行された診断書の日付を変えてコピー。2019年10月から今年5月にかけてうその日付の偽造診断書を大学に計25回提出し、病気休暇や病気休職を繰り返していた。勤務を管理する別の職員が、偽造に気付いて発覚した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2392025 0 社会 2021/09/24 18:15:00 2021/09/25 08:00:32 2021/09/25 08:00:32 東京大学・赤門(左斜め)イメージ写真。東京・文京区で。2016年5月18日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210924-OYT1I50095-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)