読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

丹沢のログハウスでお試し移住、13泊まで1世帯2万円…2階から相模湾眺望

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ログハウスで丹沢での暮らしを試してみませんか――。神奈川県秦野市は、コロナ下でのテレワークの普及を踏まえ、移住を考えている市外の人に短期間、ログハウスに住み、丹沢生活を実体験してもらう企画を始める。題して、移住お試し住宅「TANZAWA LIFE」。11月上旬にオープン予定で、10月1日から予約を受け付ける。(中村良平)

豊かな自然に囲まれた秦野市の移住お試し住宅
豊かな自然に囲まれた秦野市の移住お試し住宅

 ハウスは、民間から借り上げた築16年の2階建て住宅で、秦野市菖蒲の自然環境に恵まれた地区にある。2LDKで延べ床面積は約65平方メートル。1、2階にそれぞれテラスがあり、2階からは相模湾が望める。敷地面積は約330平方メートルあり、バーベキューを楽しめるように市がウッドデッキを設ける予定だ。芝生も整備し、子供用プールも設置するという。

 ハウスの利用期間は2泊3日~13泊14日。寝具と食料は持ち込みだが、家電製品や調理器具、インターネット機器は備えている。基本料金(光熱水道料金込み)は2泊3日~6泊7日が1世帯あたり一律1万円、それ以上は一律2万円。車で約10分走れば、小田急線渋沢駅があり、周辺で買い物もできるという。

 今月6日には報道陣向けの内覧会があり、親子でモデル役となった市内の男性は「ネット環境も整っていて、緑に囲まれたテラスで存分に仕事ができそうだと感じた」と話していた。高橋昌和市長は「秦野は横浜からも都心からも交通の便がいい。この企画が移住、定住のきっかけになれば」と期待している。

 企画の詳細や予約は市のホームページに27日開設予定の専用サイトで。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2394583 0 社会 2021/09/25 22:32:00 2021/09/25 22:32:00 2021/09/25 22:32:00 秦野市が準備した移住お試し住宅「YANZAWA LIFE」。周囲の豊かな自然が魅力を誘う。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210924-OYT1I50119-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)