読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3歳児殺害、熱湯を浴びせ数時間放置か…母親の交際相手「故意ではない」と否認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府摂津市で新村 桜利斗おりと ちゃん(3)が熱湯をかけられて死亡した事件で、重いやけどを負った桜利斗ちゃんが数時間現場に放置されていた可能性が高いと、複数の医師が府警に回答していたことが捜査関係者への取材でわかった。母親(23)の交際相手の無職松原拓海容疑者(23)(殺人容疑で逮捕)は事件直後、「一緒に60度のお湯で遊んでいた」と説明しており、府警が詳しい経緯を調べる。

 松原容疑者は8月31日午後、マンションで桜利斗ちゃんに熱湯を浴びせて殺害したとして、今月22日に逮捕された。「熱湯を故意に浴びせていない」と容疑を否認しているという。

送検される松原拓海容疑者(24日)
送検される松原拓海容疑者(24日)

 捜査関係者によると、松原容疑者は母子の暮らすマンションで今年5月から同居。事件当日は午後1時半頃に母親が外出し、松原容疑者は桜利斗ちゃんと2人きりになった。松原容疑者は午後4時45分頃、母親に「(桜利斗ちゃんが)やけどをした」と電話し、その5分後に119番した。

 桜利斗ちゃんは搬送先の病院で死亡した。司法解剖の結果、全身に重度のやけどを負い、死因は熱傷性ショック。医師の鑑定意見では、熱傷の状況から、熱湯を5分以上浴び、搬送時にはやけどから数時間たっていたとみられるとの回答だった。処置が早ければ命が助かった可能性があった。

 松原容疑者は事件直後、府警に「風呂場のお湯を38度から60度まで徐々に上げて、びっくりさせて遊んでいた」と説明。府警は松原容疑者が桜利斗ちゃんを逃げられない状態にして熱湯をかけた後、すぐに通報せずに放置していたとみて調べている。

 府警は24日午前、松原容疑者を殺人容疑で大阪地検に送検した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2392835 0 社会 2021/09/24 23:57:00 2021/09/24 23:57:00 2021/09/24 23:57:00 送検される松原拓海容疑者(24日午前8時31分、大阪府摂津市の摂津署で)=川崎公太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210924-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)