読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

教員による性被害「泣き寝入り防ぐ法整備を」…地位悪用の罰則や時効撤廃で法制審が議論

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 性犯罪に対処する法整備のあり方について、法制審議会(法相の諮問機関)が近く、本格的な議論を始める。教員らによる性暴力の被害者が強く実現を望むのが、地位や関係性を悪用した行為を取り締まる罪の創設や、撤廃を含む公訴時効の見直しだ。「泣き寝入りを防ぐ法整備を」。被害者らは議論の行方を注視している。(江原桂都、倉茂由美子)

「ばれないだろう」

 「地位や力関係に乗じた行為は悪質だ。被害者は『自分が悪い』と思い込み、心に一生消えない深い傷を負う。『あなたは悪くない、悪いのは加害者だ』という法律にしてほしい」

 沖縄県で2013年、当時中学3年生だった女子生徒が男性教員(懲戒免職)からわいせつ行為を受け、約1年後に命を絶った。女子生徒は当時、心療内科を受診し、教員への怒りと自責の念との葛藤を打ち明けていた。母親は取材に、やり場のない気持ちを改めて吐露するとともに、法制審の議論への願いを語った。

 女子生徒は男性教員が副顧問を務める部活に所属し、始業前には複数の生徒と共に勉強の指導を受けていた。そのため、休日にドライブに誘われて抱きつかれたり、スカートの中に手を入れられたりするといった行為を繰り返されても、断りにくかったとみられる。

 文部科学省によると、19年度にわいせつ行為で処分を受けた教員は174人に上る。このうち自校の児童生徒や卒業生など、18歳未満への行為で処分されたのは126人で7割強だった。

 部活動のコーチという立場を悪用したとみられる事件も起きている。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2393048 0 社会 2021/09/25 05:00:00 2021/09/25 05:00:00 2021/09/25 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210925-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)