読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ワクチン打つと体から毒出る」陰謀論へ傾倒、妻は家を出た…[虚実のはざま]反響編<上>

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 コロナ禍で根拠のない情報が拡散し、社会に混乱を生んでいる実態に迫った連載「『虚実のはざま』第4部・深まる断絶」(9~15日、計5回)には、読者からメールなどで100件を超える反響が寄せられた。「問題の深刻さに驚いた」という意見に加え、自身の悩みや不安を訴える声も多かった。2回にわたって考える。

家を出た妻

妻の置き手紙を見つめる男性。「戻ってきてくれたら、時間をかけて話を聞きたい」と言う
妻の置き手紙を見つめる男性。「戻ってきてくれたら、時間をかけて話を聞きたい」と言う

 連載4回目では、家族がユーチューブで目にした陰謀論を信じた結果、「コロナはウソ」「闇の政府にワクチンで操られる」と主張するようになり、苦悩する人々を取り上げた。

 読者からは「私の家族と同じ。ネットで洗脳され、関係が壊れた」「我が家も全く会話が成り立たない」などの声が相次いだ。「どうすればいいのかわからない」という悩みも共通しており、問題の広がりと根深さがうかがえた。

 東日本に住む70代の男性はメールに「悲痛」と記し、8月に妻が家を出て行ったことを明かした。

 妻が一日中、スマホで動画を見るようになったのは昨年末頃。7月に男性がワクチンを接種したと知ると、「打った人は体から毒が出る。もうそばにいられない」と言い出し、置き手紙を残していった。先に陰謀論にはまった親族と一緒にいる可能性があるが、居場所は分からず、電話にも出なくなった。

 男性は「50年も仲良く過ごしていたのに……。寂しさと、むなしさしかない」と肩を落とした。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2394892 0 社会 2021/09/26 05:00:00 2021/09/26 15:07:16 2021/09/26 15:07:16 妻の置き手紙を手にする男性。「来年で結婚から50年。お祝いしよう、と話していたのに」とつぶやいた https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210925-OYT1I50155-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)