G馬場さんの墓、なぜ明石に?…愛する妻に「お父さんの横に2人の墓を建てよう」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1999年に61歳で亡くなったプロレスラーのジャイアント馬場さんの墓が、兵庫県明石市にある。身長2メートルを超える長身に、 愛嬌あいきょう のある人柄。昭和から平成にかけての大スターは、鍛冶で有名な新潟・三条市が出身地のはず。なぜここに眠るのか。必殺技「16文キック」で当時を熱狂させた馬場さんの大きな“足跡”をたどった。(近藤修史)

2人一緒に

 JR明石駅から歩くこと約10分、 本松ほんしょう 寺に着いた。境内の墓地を歩くと、「馬場家各霊位」とある墓石の前に、馬場さんのリングシューズを黒御影石で再現したモニュメントがあった。

リングシューズを再現したモニュメントがある馬場さんのお墓。ちなみにサイズは34センチらしい(兵庫県明石市で)
リングシューズを再現したモニュメントがある馬場さんのお墓。ちなみにサイズは34センチらしい(兵庫県明石市で)

 ちなみに馬場さんの足のサイズは16文(38・4センチ)ではない。「16文キック」の名は、馬場さんが武者修行で訪れた米国で購入した靴底に「16」のラベルがあったことから、当時の記者が名付けたらしい。

 なぜ、明石なのか。

 聞けば、本松寺は、妻・元子さんの実家の 菩提ぼだい 寺。36年前、大好きな父親を亡くして悲嘆に暮れる元子さんに、馬場さんが「お父さんの横に2人の墓を建てよう」と声をかけてできたという。

 馬場さんは故郷の墓を姉に任せ、妻の気持ちに寄り添ったのだ。

 99年に肝不全で亡くなった馬場さんの遺骨は、元子さんが亡くなる2018年まで自宅で保管され、元子さんの遺言通り、2人一緒に納骨された。相思相愛の夫婦だったのだろう。

 釈孝修住職は「穏やかな方で、馬場さんを慕い、この地で一緒に眠ることを求めたのでしょう」と語る。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2395332 0 社会 2021/09/26 13:37:00 2021/09/26 16:20:24 2021/09/26 16:20:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210926-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)