G馬場さんの墓、なぜ明石に?…愛する妻に「お父さんの横に2人の墓を建てよう」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

震災慰霊碑も

兵庫県立明石公園にある阪神大震災慰霊碑の除幕式に出席した馬場さん。文字通り、頭一つ飛び出している(明石ロータリークラブ提供)
兵庫県立明石公園にある阪神大震災慰霊碑の除幕式に出席した馬場さん。文字通り、頭一つ飛び出している(明石ロータリークラブ提供)

 馬場さんと明石を語る上で欠かせないエピソードの一つに、阪神大震災がある。

 馬場さんが元子さんと出会った明石も、震災で26人が亡くなり、1万棟近くが全半壊した。被害を受けた明石の家の片付けとともに、ファンクラブの一人一人に連絡を取り、必要なものを聞き取って配布した。さらには義援金目的のプロレス興行を淡路島で開く。

 還暦を前にした体にむち打ち、リング上でファンに支援を求めた。明石ロータリークラブを介し、98年4月に県立明石公園に犠牲者を悼む慰霊碑を建てた。

 高さは馬場さんの身長と同じ2メートル9。除幕式では馬場さんがちびっ子らに囲まれ、慰霊碑と背比べして周囲を和ませた。会員の増岡義教さん(72)は「実直でありながら、ユニークな人だった。被災者に寄り添う姿が印象的でした」と目を細める。

 馬場さんと明石を結んだのは、妻へのまっすぐな愛情だった。元子さんのめいの緒方理咲子さん(64)は言う。

 「明石は夫婦のホームグラウンド。やっと2人でゆっくりできるね、と喜んでいるはず」

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2395332 0 社会 2021/09/26 13:37:00 2021/09/26 16:20:24 2021/09/26 16:20:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210926-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)