「ハードクレーマー」で有名、生活保護でホテルに971泊…市に水増し請求

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

第三者委で検証

10日に開かれた第三者委員会。今後、問題解明に向けて一連の経緯の検証を行う(盛岡市役所で)
10日に開かれた第三者委員会。今後、問題解明に向けて一連の経緯の検証を行う(盛岡市役所で)

 一方、妻は27日午後の初公判で、起訴事実について「間違いありません」と争わない姿勢を示した。

 冒頭陳述によると、二人は、八戸市内のビジネスホテルに格安で泊まれる長期宿泊者向けの「マンスリー契約」を利用。妻は男の指示を受け、ネット上でホテルの通常料金を調べ、金額を水増しした領収書を市役所に送るなどしたという。

 今回の事件について、生活保護制度に詳しい学習院大の鈴木亘教授(社会福祉)は「盛岡市の対応は生活保護の制度上、間違ったものではないが、常識ではあり得ない」と指摘する。市は問題の解明に向け、今月10日、岩手弁護士会副会長の山中俊介弁護士ら5人で構成する第三者委員会の初会合を開いた。今後、一連の経緯を検証する予定だ。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2399359 0 社会 2021/09/28 07:23:00 2021/09/28 17:33:54 2021/09/28 17:33:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210927-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)