読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

落とし物のIC乗車券など43万円相当、「架空の人物に返還」装い駅員が着服

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東急電鉄は28日、東横線中目黒駅の男性駅員(29)が、落とし物として保管していた「Suica(スイカ)」などのICカード乗車券や現金計70件(約43万5000円相当)を着服していたことを明らかにした。

 同社によると、9月13日、祐天寺駅に落とし物としてスイカの届け出があり、中目黒駅で保管していたが、この駅員が架空の人物に返還したことにしていた。22日に持ち主から問い合わせがあり、手続きの記録から着服が発覚した。同社の聞き取りに対し、男性駅員は2020年2月から21年9月までの間、同様の手口で着服を繰り返していたことを認めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2402174 0 社会 2021/09/29 07:07:00 2021/09/29 07:07:00 2021/09/29 07:07:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)