読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

散歩中にリード放されたシェパードが通行人の尻にかみつく…工藤会系組長を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 飼い犬の管理を怠り、通行人にけがをさせたとして、福岡県警は28日、北九州市の特定危険指定暴力団工藤会系組長の男(79)を重過失傷害容疑で逮捕した。

福岡県警察本部
福岡県警察本部

 発表では、男は昨年7月15日、同市戸畑区の路上でシェパード犬を散歩中、犬のリードを放していたため、犬が通りかかった会社員男性(50歳代)の尻にかみつき、全治2週間のけがを負わせた疑い。男は「(犬が)かんだところを見ていないのでわかりません」と容疑を否認している。

 この犬を巡っては、2018年にも人にかみついてけがをさせたとして、犬を散歩させていた関係者が過失傷害容疑で書類送検され、罰金刑を言い渡されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2403117 0 社会 2021/09/29 12:49:00 2021/09/29 12:49:00 2021/09/29 12:49:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210929-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)