読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

車検「45分」「2時間」、スピード優先が影響か…トヨタ系列販売会社で不正

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は29日、全国の系列販売会社11社の計12店で、1345台の不正車検を確認したと発表した。3月に「ネッツトヨタ愛知」(愛知県)で不正車検が発覚して以降、これまでの累計は15社、16店の計6659台となった。

トヨタ自動車本社
トヨタ自動車本社

 トヨタは7月から、全国の販売店など4852拠点で総点検を実施している。その結果、排ガスや速度計の検査をしなかったり、一部の部品を交換していなかったりしたことが分かった。「45分」や「2時間」など、車検のスピード優先の体制が不正を招いたという。

 今後、人手が不足している整備士の採用を増やすほか、土日に集中する車検を平日に分散するなどの再発防止に取り組む。トヨタの佐藤康彦・国内販売事業本部長はオンラインでの記者会見で、「成果重視で起きた不正をトヨタ全体で重く受け止め、信頼回復を第一に進めていく」と述べ、謝罪した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2404841 0 社会 2021/09/29 20:24:00 2021/09/29 20:24:00 2021/09/29 20:24:00 トヨタ自動車本社。愛知県豊田市で。2021年8月20日朝刊「海外感染 車生産に打撃 相次ぐ操業停止 半導体不足に追い打ち」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210929-OYT1I50116-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)