読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

使用済み注射針、スバルの職域接種で誤使用か…323人接種後に判明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 SUBARU(スバル)は9月30日、宇都宮製作所(宇都宮市)で3日午後に実施した新型コロナウイルスワクチンの職域接種で、使用済みの注射針を使用した恐れがあると発表した。接種を行った民間の医療機関や接種を受けた従業員らへの聞き取り調査を行っている。

ワクチン接種に使われる注射器
ワクチン接種に使われる注射器

 スバルによると、3日午後に接種したのは協力会社の従業員を含む323人で、いずれも1回目の接種だった。その後、使用済み注射針の使用や、投与したワクチンが適正量より少なかった可能性があることが判明し、医療機関が8日に厚生労働省に報告した。

 スバルは「詳しい経緯は調査中」としている。323人は10月1日に医療機関の検査を受け、結果が問題なければ2回目の接種を受ける予定だ。今のところ健康への影響は確認されていないとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2408087 0 社会 2021/09/30 20:15:00 2021/09/30 20:15:00 2021/09/30 20:15:00 大規模接種会場で用意された新型コロナウイルスワクチンの注射器。東京都中央区築地で。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210930-OYT1I50129-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)