読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

台風16号、1日の明け方から昼過ぎに伊豆諸島に接近…関東沿岸部は暴風域に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大型で非常に強い台風16号は30日、日本の南の海上を北上した。勢力を維持したまま、10月1日の明け方から昼過ぎにかけて伊豆諸島に接近する見通しだ。関東の沿岸部も風速25メートル以上の暴風域に巻き込まれる可能性があり、交通機関などに影響が出る恐れがある。

 気象庁によると、台風16号は30日午後9時、日本の南を時速25キロで北北東へ進んだ。中心気圧は945ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は45メートル。次第に速度を上げて、東日本から北日本の太平洋側を進むと予想されている。

 1日の最大瞬間風速は、伊豆諸島で50メートルと予想され、電柱が倒れたり、建物の一部が飛散したりする恐れがある。東海から東北の陸上でも25~35メートルの強風が吹き、沿岸部では大しけになる見込みだ。

 1日午後6時までの24時間雨量は、伊豆諸島で300ミリ、関東で150ミリ、東海で100ミリ、東北で60ミリ。台風から離れた場所でも発達した雨雲が発生する恐れがあり、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、高潮への警戒を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2408080 0 社会 2021/09/30 20:11:00 2021/09/30 23:05:32 2021/09/30 23:05:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210930-OYT1I50171-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)