読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「猫の世話をする人いない」と入院固辞、自宅療養続けた男性死亡…「人ごとじゃない」の声

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスに感染して入院や宿泊療養となり、ペットの預け先に悩む人が増えている。知人やペットホテルを頼れず、自治体に相談する人も少なくないが、受け入れる公的施設がない地域もある。第5波の渦中には、熊本市で飼い猫の預け先がなかった男性が自宅療養中に死亡した。専門家は「飼い主は、いざという時に備え、きちんと考えておいてほしい」と呼びかけている。(南暁子)

SNSで

 全国の感染者数がピークにさしかかっていた8月半ば、熊本市で猫を飼っていた一人暮らしの50歳代男性が自宅療養中に亡くなった。

防護服を着用して犬の世話をするペットホテル「ヘイドッグズ」のスタッフ(右)(大阪府豊中市で)=長沖真未撮影
防護服を着用して犬の世話をするペットホテル「ヘイドッグズ」のスタッフ(右)(大阪府豊中市で)=長沖真未撮影

 市の発表によると、男性は8月13日に感染が判明。16日に容体が悪化し、市は入院を勧めたが「猫の世話をする人がいなくなる」と固辞した。「預け先は自分で探す。本当に体調が悪くなったら連絡する」と自宅療養を続け、19日、保健所と連絡が取れなくなり死亡が確認された。

 市の発表を受け、SNSでは投稿が相次いだ。「人ごとじゃない」「自分も同じことをするだろう」「旅行などで家を空ける時に頼める人はいても、コロナは話が別。預かる側にもリスクがあるから 躊躇ちゅうちょ する」

 その後、市の保健所と動物愛護センターは対策を協議。自宅療養者が預け先を見つけられない場合、センターが動物病院などを紹介する運用を始めた。

プレハブ運用

 一般社団法人ペットフード協会の推計では、全国で猫は約960万頭、犬は約850万頭がペットとして飼育されている。それぞれ6、7世帯に1頭ずつ飼われている計算になる。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2420201 0 社会 2021/10/05 15:00:00 2021/10/05 15:00:00 2021/10/05 15:00:00 防護服を着用し、新型コロナウイルスに感染した飼い主からペットを預かるサービスを再現するスタッフ(右)とヘイドッグズの畑中学社長(21日、大阪府豊中市で)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211005-OYT1I50129-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)