読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

地域で唯一の医者の家に生まれた真鍋さん、同級生「立派な人物が出て誇らしい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ノーベル物理学賞の受賞が決まり、喜びを語る真鍋淑郎氏(5日、米ニュージャージー州の自宅で)=船越翔撮影
ノーベル物理学賞の受賞が決まり、喜びを語る真鍋淑郎氏(5日、米ニュージャージー州の自宅で)=船越翔撮影

 真鍋さんが高校時代まで過ごした愛媛県四国中央市では、同級生やゆかりの人たちが受賞決定を喜んだ。

 真鍋さんは1931年、四国山地の北側に位置する旧新立村(現・四国中央市)で、地域で唯一の医者の家に生まれた。小学校時代の同級生の男性(89)は「本当にびっくりした。地元からこんなに立派な人物が出て、誇らしい」と祝福した。

 小学校時代の真鍋さんは「勉強はクラスでずっと1番。負けず嫌いだった」という。同級生に「台風をどうにかして避けられないか」と話していたといい、「当時から気象に関心があるようだった」と男性は振り返る。約20年会っていないが、「もし会えたら『しゅくやん、おめでとう』と声をかけたい」と笑った。

 小学校の2歳下の後輩の男性(88)は「淑郎という名前を見てすぐに『しゅくちゃん』と分かった。小さな田舎町だが、わしらの先輩も大したもんだ。誇りです」と語った。

 真鍋さんは旧制三島中学(現・県立三島高校)を卒業し、東大へと進学。三島高の鈴木 ひとし 校長(59)は「卒業生がこんなに大きな賞を取るとは思わず、とても驚いた。生徒たちには同じ学舎で過ごした大先輩がいたことを誇りにして、これからのエネルギーに変えてほしい」と期待した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2420918 0 社会 2021/10/05 22:12:00 2021/10/06 08:26:17 2021/10/06 08:26:17 ノーベル物理学賞の受賞が決まり、喜びを語る真鍋さん(5日、米ニュージャージー州内の自宅で)=船越翔撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211005-OYT1I50174-T-e1633476373260.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)