事故偽装して叔父殺害、数千万円の保険金受領…遺体に何度もひかれた形跡

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 車修理中の事故に見せかけて叔父を殺害したとして、福岡県警は6日、叔父が勤務していた運送会社の会長、松成英一郎容疑者(54)を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。叔父は生命保険などに入っており、死後、受取人になっていた松成容疑者が数千万円の保険金を受け取ったという。松成容疑者は保険代理店の経営も行っており、県警は、保険金目当てで殺害したとみて詐欺容疑でも調べる。

松成英一郎容疑者
松成英一郎容疑者

 県警によると、今年4月2日早朝、福岡県うきは市浮羽町の廃業した店舗の駐車場で、大分県日田市西有田、運送会社員西村一敏さん(64)が軽乗用車の下敷きになって亡くなっているのが見つかった。西村さんの死因は車にひかれたことによる外傷性ショック死だった。

 車はボンネットが開いた状態で、倒れていた西村さんの上半身に乗り上げて止まっていた。近くに懐中電灯などがあったという。現場は緩やかな傾斜で、県警は、車の修理中に巻き込まれた事故と、事件の両面で捜査していた。

 捜査関係者によると、その後、西村さんの遺体に何度もひかれた形跡があることが判明。付近を走行していた車両のドライブレコーダーなどの映像を解析するなどした結果、松成容疑者が殺害した疑いが強まったという。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2422139 0 社会 2021/10/06 13:00:00 2021/10/06 13:00:00 2021/10/06 13:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)