事故偽装して叔父殺害、数千万円の保険金受領…遺体に何度もひかれた形跡

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 事件後、西村さんの保険金の受取人になっていた松成容疑者に保険会社から数千万円が支払われていた。

 松成容疑者は西村さんのおいで、運送会社のほかに保険代理店も経営。西村さんは数年前に松成容疑者らの勧めで生命保険などに加入し、契約も松成容疑者が代行していた疑いがあるという。

 松成容疑者は事件約1週間後の4月10日、福岡県久留米市櫛原町の知人宅で、県警が今回の事件で捜索しようとしたところ、「死ぬ」「飛び降りる」などと抵抗。隣の部屋のベランダに侵入し、住居侵入容疑で現行犯逮捕された。その後、処分保留で釈放され、任意の調べに、「(うきは市の)現場には行っていない」などと関与を否定していたという。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2422139 0 社会 2021/10/06 13:00:00 2021/10/06 13:00:00 2021/10/06 13:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)