読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

崩落水道橋、「つり材に異常な腐食」…復旧は年明け以降か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

仮の水道管をクレーンで下ろす作業員ら。左側が崩落した水道橋(6日午前、和歌山市で)
仮の水道管をクレーンで下ろす作業員ら。左側が崩落した水道橋(6日午前、和歌山市で)

 和歌山市の紀の川にかかる水道橋「 六十谷むそた 水管橋」の一部が崩落し、市北部の約6万世帯が断水している問題で、水道橋東側を走る県道「六十谷橋」に仮の水道管を設置する工事が6日、始まった。現場を訪れた尾花正啓市長は、水道橋のアーチと水道管をつなぐ「つり材」に「経年劣化ではない異常な腐食」が見つかったと明らかにした。崩落原因の可能性があるとみて今後、専門家を交えて調査する。

 6日午前10時過ぎから、現場に仮の水道管(直径70センチ、長さ6メートル)約100本をトラックで搬入する作業を始めた。工事は8日夜に完了する予定で、市は9日朝の断水解消を目指す。水道管は路面上に設置されるため、水道橋の全面復旧まで六十谷橋は通行止めとなる。市は水道橋の復旧について年明け以降にずれ込む可能性があるとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2422905 0 社会 2021/10/06 17:51:00 2021/10/06 18:01:34 2021/10/06 18:01:34 六十谷橋に水道管が搬入された(6日、和歌山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)