読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

接種証明や陰性証明で安心にJリーグ観戦…専用エリア、実証調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのワクチン接種証明や検査の陰性証明を持つ人を対象に行動制限を緩和する政府の「ワクチン・検査パッケージ」の実証調査が6日、始まった。第1弾の大規模イベントとして、サッカーのJリーグYBCルヴァン杯準決勝、名古屋グランパス―FC東京戦(愛知・豊田スタジアム)で実施。2度目のワクチン接種から2週間が経過していないケースなどがあったものの、大きな混乱はなく進められた。

「ワクチン・検査パッケージ」入場券を手にするサポーターたち(6日、愛知県豊田市の豊田スタジアムで)
「ワクチン・検査パッケージ」入場券を手にするサポーターたち(6日、愛知県豊田市の豊田スタジアムで)

 約4万人収容の豊田スタジアムは現在、上限を1万人に定めているが、ワクチンの接種証明や接種記録か、PCR検査で試合日3日前以降の陰性を証明できる人を対象に、追加のチケットを販売。約1800枚を用意し、730枚が売れた。

 対象のチケットを持つ来場者は、専用ブースで接種証明書のコピーやスマートフォンに映した画像などを係員に見せ、運転免許証などで本人確認。チケットとは別の「入場券」を受け取り、専用エリアで観戦した。

 マスクの着用や声を出す応援の禁止など、これまでと同様の観戦スタイルが求められ、AI(人工知能)カメラや係員が、行動に変化がないかを確認。試合後にはアンケートを実施し、7日以内の体調変化の有無や観戦の満足度を調べる。岐阜県中津川市の会社員(32)は母(69)と観戦に訪れ、「周りもワクチンを接種していたり、陰性が証明されたりしている方々なので安心感が強い。元通りになる第一歩になってほしい」と期待を込めた。

残り:367文字/全文:1115文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2423532 0 社会 2021/10/06 22:23:00 2021/10/06 22:23:00 2021/10/06 22:23:00 「ワクチン・検査パッケージ」入場券を手にし、専用エリアで観戦するサポーター(6日午後5時26分、愛知県豊田市の豊田スタジアムで)=青木久雄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50135-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)