50代警官「中学生の家庭教師」で30万円稼ぐ…無許可で副業「生活費の足しにした」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山口県警は、本部長の許可を得ずに副業で収入を得ていたとして、50歳代男性巡査部長を本部長注意とした。9月13日付。

山口県警本部
山口県警本部

 県警監察官室によると、巡査部長は2017年12月頃から21年3月頃まで、中学生の家庭教師を行い、計約30万円を得ていた。「生活費の足しにした」と認めているという。

 警察官は地方公務員法で無許可での副業が禁じられている。監察官室は「指導・教養を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2424071 0 社会 2021/10/07 07:55:00 2021/10/07 07:55:00 2021/10/07 07:55:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)