読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

カップ入り焼酎飲み切りPA出る、左や右に寄って方向指示器点滅させ運転し居眠り状態で事故

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉県 八街やちまた 市で6月、下校中の児童5人がトラックにはねられ死傷した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)に問われた同市、元運転手梅沢 ひろし 被告(60)の初公判が6日、千葉地裁(金子大作裁判長)であり、梅沢被告は起訴事実を認めた。検察側は、被告が遅くとも昨年には、仕事中に飲酒運転をしていたと主張した。

 起訴状では、梅沢被告は6月28日午後、千葉市花見川区の京葉道路幕張パーキングエリア(PA)に停車したトラックの中で酒を飲み、約30分後、八街市内の市道を時速約56キロで走行。酒の影響で居眠り状態になり、道路左側の電柱に衝突した後、児童の列に突っ込んで小学2、3年の男児2人を死亡させ、3人に大けがを負わせたとしている。

うつむきながら検察官の冒頭陳述を聞く梅沢被告(左)(イラスト・構成 小野眞智子)
うつむきながら検察官の冒頭陳述を聞く梅沢被告(左)(イラスト・構成 小野眞智子)

 検察側は冒頭陳述で、梅沢被告は事故前から酒を飲んでトラックを運転しており、昨年、上司から注意を受けたと説明。だが、梅沢被告は聞き流していたという。

 事故当日は東京都内から八街市内の職場に戻る途中、同県市川市内のコンビニ店でアルコール度数20度のカップ入り焼酎(220ミリ)を購入し、PAで昼食を取った際に飲みきった。PAを出た後、左や右に寄ったり、方向指示器を点滅させたりしたまま運転を続けた。PAから約27キロ走り、事故現場の約120メートル手前では居眠り状態だったとした。

 検察側は証拠調べで、梅沢被告が勤務していた運送会社「南武運送」の取引先の調書を読み上げた。「4、5年前から仕事中に会っている時、梅沢被告から酒の臭いがするようになった」「昨年夏、被告の勤務先に電話をして、『酒の臭いがするが、大丈夫か』と警告した」という。

 親会社「南武」(東京都葛飾区)の男性社長は事故後の7月5日、梅沢被告の過去の飲酒運転について、「報告は受けていない」と報道陣に説明していた。初公判の後、同社は取材に「代表者が不在でコメントできない」とした。

 被害児童の関係者は、パーティションで仕切られ、ほかの傍聴人たちから見えない位置で傍聴した。検察官が起訴状を読み上げている時、法廷にすすり泣く声が漏れた。遺族や被害者家族は閉廷後、「裁判の成り行きを見守っていきたいと思います」とのコメントを出した。

 第2回公判は11月15日、証人尋問と被告人質問が予定されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2423656 0 社会 2021/10/06 22:56:00 2021/10/13 18:50:13 2021/10/13 18:50:13 うつむきながら検察官の冒頭陳述を聞く梅沢被告(左)(イラスト・構成 小野眞智子) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211006-OYT1I50143-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)