読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

息子から母へ「呼吸が上手くできない」とメッセージ、2日後に遺体で発見…[検証コロナ 第5波の教訓]<1>

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「呼吸が 上手うま くできない」「酸素が薄いんだよ」

 8月5日午後。東京都杉並区で楽器販売などの店を営む男性(45)から、母親(70)のスマートフォンにメッセージが届いた。男性は7月末に新型コロナウイルス感染が判明。自宅は別の区にあるが、両親にうつさないよう、店舗内で一人、療養していた。

療養中の男性から母親のスマートフォンに届いたメッセージ。男性はこの2日後、亡くなっているのが見つかった(9月28日、東京都内で)=画像は一部修整しています
療養中の男性から母親のスマートフォンに届いたメッセージ。男性はこの2日後、亡くなっているのが見つかった(9月28日、東京都内で)=画像は一部修整しています

 前日までは「大丈夫」などと書き送ってきていたが、この日は「鼻が全く通ってない」「歩いたら倒れそうになる」と様子が違った。母親が「入院とかしないの?」と尋ねると、「保健所の電話に出れない。なってから取ったら間に合わない」「こっちからかけても折り返しを待ってくださいと言われて」と返信してきた。

 同じ頃、自宅療養者の健康観察を担う杉並保健所は、男性の療養先を探しあぐねていた。8月2日から男性の携帯電話にかけ続けたが、一度もつながらない。5日の午後は、男性が療養先として届け出ていた住所に職員を向かわせたものの、居場所を見つけられずに同日、安否確認を断念した。

 店の中で男性が死亡しているのを母親が見つけたのは、その2日後。死因は新型コロナ感染による肺炎だった。届け出の住所には、男性の店舗が入った雑居ビルとマンションがあったが、職員はマンションだけを訪問していた。

 「まさか亡くなるなんて思いもしなかった」。突然の息子の死を母親は悔やむ。

 全国で最大13万人もの自宅療養者が出た今夏の「第5波」。東京都内で7月下旬~9月、自宅療養中に亡くなった人は53人に上った。なぜ、これほど多くの自宅療養死が起きたのか。

宿泊療養 滞った東京

 東京都杉並区の店舗で療養中の男性(45)が亡くなった8月上旬は、まさに「感染爆発」のさなかだった。

 8月5日、都内の新規感染者は初めて5000人を突破。病床が 逼迫ひっぱく して自宅療養者が急増し、杉並区でも1000人を超えた。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2423897 0 社会 2021/10/07 05:00:00 2021/10/07 16:39:03 2021/10/07 16:39:03 東京都杉並区の店舗で療養中の長男から母親のスマートフォンに届いたメッセージ。長男はこの2日後、店舗内でなくなっているのが見つかった(9月28日、東京都中野区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211007-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)