北朝鮮の公船、携帯型の対空ミサイル装備か…日本のEEZ内を航行

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 能登半島沖の好漁場「 大和やまとたい 」周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で6月下旬、北朝鮮の公船1隻が携帯型の対空ミサイルとみられる武器を装備しているのを海上保安庁が確認していたことがわかった。海保などは警戒を強めている。

 関係者によると、射程が数キロに及ぶタイプとみられる。大和堆周辺は近年、中国、北朝鮮の漁船による違法操業が相次いでおり、海保と水産庁が取り締まりや日本漁船の安全確保を行っている。

 今年は、イカ漁シーズンの6月以降、北朝鮮漁船の違法操業は確認されていない。一方で、北朝鮮公船が何度も航行しているという。

 松野官房長官は6日の記者会見で「詳細は我が国の情報収集、分析能力を明らかにする恐れがあり、差し控える。関係省庁が連携して対応している」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2423872 0 社会 2021/10/07 05:00:00 2021/10/07 06:58:03 2021/10/07 06:58:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211007-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)