散歩の男性「ヘリが見えなくなった」…田園地帯で墜落、男性死亡

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

墜落した小型ヘリ(7日午前8時59分、神奈川県秦野市で、読売ヘリから)=高橋美帆撮影
墜落した小型ヘリ(7日午前8時59分、神奈川県秦野市で、読売ヘリから)=高橋美帆撮影

7日午前6時50分頃、神奈川県秦野市今泉で、近くを散歩していた男性から「ヘリコプターが降りてきて見えなくなった」と110番があった。県警などがかけつけると、畑に小型ヘリが墜落しており、操縦していたとみられる男性1人が倒れていた。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。

 秦野署によると、現場は小田急小田原線秦野駅から南西に約1・5キロの田園地帯。周辺の住民や住宅などに被害は確認されていない。同署が男性の身元の確認を進めている。

 国土交通省によると、ヘリは「ロビンソン式R22Beta型」(定員2人)で、7日午前6時35分頃に同県大井町の離着陸場を出発し、千葉県木更津市に向かう予定だった。同省は航空事故と認定し、国の運輸安全委員会が航空事故調査官2人を現地に派遣して事故原因を調べる。

 
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2424102 0 社会 2021/10/07 08:42:00 2021/10/07 14:40:02 2021/10/07 14:40:02 墜落した小型ヘリ(7日午前8時59分、神奈川県秦野市で、本社ヘリから)=高橋美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211007-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)