ユニクロ、高校制服に採用へ…現行より8割安・自宅で洗濯可・ジェンダーレスの着こなし

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自宅で洗濯できて、性差にとらわれないジェンダーレス、価格も5分の1に抑えられる――。さいたま市の高校がそんな制服の採用に向けて準備を進めている。コロナ禍で経済的に厳しい家庭もあり、学校側は「時代に合った新しい選択肢を示したい」としている。

「上下で1万2000円くらい」

説明会で紹介された新しい制服(9月25日、さいたま市立大宮北高校で)
説明会で紹介された新しい制服(9月25日、さいたま市立大宮北高校で)

 9月25日、市立大宮北高校の体育館で催された進学説明会。紺色や灰色のジャケット、薄手のセーター、ズボン、スカートを着たマネキン4体が、ステージ上に登場した。筒井賢司教頭が「上下で1万2000円くらい。従来は平均6万円だった」と紹介すると、集まった中学3年生や保護者ら約500人がどよめいた。

 新しい制服はカジュアル衣料「ユニクロ」製で、同校は来春からの導入を検討している。ユニクロを展開するファーストリテイリングによると、ユニクロ製の高校制服は全国的にも珍しいという。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2425614 0 社会 2021/10/07 15:00:00 2021/10/07 18:21:32 2021/10/07 18:21:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211007-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)