【独自】遠隔操作で暗証番号盗む「リアルタイムフィッシング」か…ドコモ利用者1200人被害

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NTTドコモの利用者が携帯電話端末の暗証番号を盗まれ、計約1億円分のギフトカードを勝手に購入された問題で、端末の入力内容を遠隔操作で即時に盗み取る「リアルタイムフィッシング」とみられる手口が用いられていたことが、関係者への取材でわかった。警視庁が近く、ドコモから詳しい被害状況を聞く。

 ドコモによると、9月30日から10月1日にかけて、「ドコモお客様センターです。ご利用料金のお支払い確認が取れておりません」などと記されたショートメッセージサービス(SMS)が利用者に大量に送りつけられた。暗証番号などを盗むのが目的の「フィッシングメール」だった。

NTTドコモ
NTTドコモ

 被害に遭った約1200人は、SMSに添付されたURLをクリックし、「NTTセキュリティ」などの偽アプリをインストールさせられていた。このアプリに、携帯電話を遠隔操作するウイルスが仕込まれていたとみられる。

 被害者は案内に沿って、契約者確認に使われる4桁の暗証番号を入力。この直後に、ドコモのオンラインショップから、iTunes(アイチューンズ)とグーグルのギフトカードが不正に購入された。

 遠隔操作で暗証番号を盗み取った犯人が、即座にオンラインショップで不正購入を行った可能性があるという。被害額は1人あたり平均約8万円で、ドコモは全額補償することを決めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2425948 0 社会 2021/10/07 15:00:00 2021/10/07 15:47:54 2021/10/07 15:47:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211007-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)