読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

動転した女性常連客がATMに…「こんな姿見たことない」と声かけると「天気予報アプリに49万円」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 特殊詐欺を未然に防いだとして、埼玉県警小川署は6日、小川町の郵便局の局長(53)と局員(52)に感謝状を贈呈した。

 9月21日午後2時40分頃、電話をしながら慌てた様子で女性(70代)が入店。そのまま、ATM(現金自動預け払い機)コーナーに向かい「どういうこと」などと通話相手に話していた。

 女性は常連客。「こんな姿見たことがない」と不審に思った局長が女性に声をかけたところ、「天気予報のアプリの未払い金があるから、誰にも言わず、約49万を振り込めと言われた」と話を聞き出し、詐欺だと確信した。

埼玉県警本部
埼玉県警本部

 女性の気が動転しており、落ち着かせようと、局長は機転を利かせた。女性の娘として電話を代わり、犯人に「警察に相談する」と言い電話をきった。その後、女性の対応を局員が、同署への通報は局長がしたという。

 局長は「大切な財産を守ることが出来て良かった」と、局員は「引き続き詐欺を警戒していきたい」と話した。同署の斎藤克也署長は「被害を未然に防いでいただいて感謝している。引き続き連携していきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2432988 0 社会 2021/10/10 09:24:00 2021/10/10 13:01:31 2021/10/10 13:01:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211009-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)