ランドセルに「しゅくだいをする」と紙貼り付け、男児を帰宅させた教諭を処分

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市教育委員会は11日、男児の頬をつねったり、ランドセルに宿題を促す紙を貼ったりしたとして、市立小学校の男性教諭(33)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は9月30日付。

大阪市役所
大阪市役所

 市教委によると、男性教諭は昨年9~12月、担任クラスの1年男児3人をそれぞれ指導する際、頬をつねったり、頭を小突いたりした。今年3月には、別の男児1人のランドセルの上に「しゅくだいをする」などと書いたB5サイズの紙をテープで貼り付け、帰らせた。

 市教委では、男児の保護者から男性教諭の行為を記した手紙を受け取り、事実関係を確認。その後の調査で複数の問題行動が発覚した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2436909 0 社会 2021/10/12 10:18:00 2021/10/12 18:13:22 2021/10/12 18:13:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211012-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)