SNSで拡散の「児童が接種後死亡」情報、和歌山知事が「完全にデマ」と明言

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

仁坂・和歌山県知事
仁坂・和歌山県知事

 新型コロナウイルスワクチンを巡り、和歌山県内の小学校の児童が「接種後に死亡した」とする誤った情報がSNS上で拡散した問題で、和歌山県の仁坂吉伸知事は12日の定例記者会見で「完全にデマだ」と明言し、信じないように呼びかけた。

コロナ「全数把握」見直し、厚労相が検討…全国知事会が第7波収束待たずに対応求める

 この小学校によると、9月に児童が不慮の事故で死亡。今月に入り、事情を知らない別の地域の地方議員らが「ワクチンで亡くなった」などと投稿し、接種が原因だと指摘する書き込みが相次いだ。仁坂知事は報道陣の質問に対し、これを明確に否定し「本当だと思う人が増えると大変だ」と述べた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2438327 0 社会 2021/10/12 18:22:00 2021/10/12 23:35:52 2021/10/12 23:35:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211012-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)