【独自】旧型プリウス盗難相次ぐ、「希少金属」狙いか…車両価格より高価な例も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)・旧型プリウスの盗難被害が愛知県内で続発している。高値で取引される希少金属を含んだ排ガス浄化装置「触媒コンバーター」を狙った連続窃盗事件の可能性がある。希少金属の含有量は古い年式のHVほど多く、県警は盗難被害は新型車ばかりではないとして、防犯対策の強化を呼びかけている。

被害に遭ったのと同型のプリウス。生産から10年以上経過した車でも盗まれる恐れがある(画像の一部を加工しています)
被害に遭ったのと同型のプリウス。生産から10年以上経過した車でも盗まれる恐れがある(画像の一部を加工しています)

 長久手市のマンション駐車場では9月6日未明~明け方、住人の会社員男性(57)が所有する2007年型プリウスが盗まれた。車は豊田市内で見つかり、車内の預金通帳は手つかずだったが、車底部の触媒コンバーターがなくなっていた。

 トヨタによると、触媒コンバーターは炭化水素などの排ガス成分を浄化する装置で、高温にさらされても性能を維持するため、耐久性の高いプラチナやパラジウムなどの希少金属が使われている。停車時にエンジンが止まるHV用のものは、ガソリン車のものに比べて劣化しにくいという。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2439552 0 社会 2021/10/13 05:00:00 2021/10/13 08:58:14 2021/10/13 08:58:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211013-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)