読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ぼーっとしていて」送迎バスがブロック塀に衝突、サイレン鳴り響き「園児たちは泣いていた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 13日午前8時35分頃、茨城県那珂市鴻巣の県道で、幼稚園の送迎バスが道路脇のブロック塀に衝突し、乗っていた園児ら15人が重軽傷を負った。男性運転手(70)は事故直後、駆けつけた警察官に「ぼーっとしていた」と話したという。那珂署は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、運転手から任意で事情を聞き、詳しい経緯を調べている。

事故現場ではバスをレッカー車で運ぶための作業が進められていた(13日午前10時50分、茨城県那珂市鴻巣で)
事故現場ではバスをレッカー車で運ぶための作業が進められていた(13日午前10時50分、茨城県那珂市鴻巣で)

 発表によると、園児(5)が左脚、幼稚園の職員(33)が 肋骨ろっこつ を折って重傷を負った。園児12人と運転手は軽いけが。いずれも命に別条はないという。

 現場は片側1車線の直線道路で、バスは幼稚園に向かう途中だった。事故当時、路面はぬれていた。現場付近は救急車などのサイレンが鳴り響いていたといい、近所に住む男性(80)は「園児たちは泣いていた。救急車で運ばれるのを見て心配だった」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2442479 0 社会 2021/10/14 07:39:00 2021/10/14 07:39:00 2021/10/14 07:39:00 事故現場では、事故を起こしたバスをレッカー車で運ぶための作業が進められていた(10月13日午前10時50分、那珂市鴻巣で)=大我寛樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211013-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)