読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

入院男性の通帳など不正入手、死去後に計36回も引き出した病院職員「金を盗んではいません」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県警西署は13日、名古屋市名東区、病院職員の男(40)を窃盗容疑で再逮捕した。

愛知県警察本部
愛知県警察本部

 発表によると、男は以前勤務先に入院していた無職男性(当時84歳)の通帳やキャッシュカードを不正に入手し、男性が亡くなった後の昨年4~6月、36回にわたって計約1683万円を引き出して盗んだ疑い。調べに対し、「金をおろしたのは事実ですが、盗んではいません」と話しているという。

 男は9月22日、勤務先の病院に通院していた無職女性(86)のキャッシュカードを不正に入手して計150万円を引き出した疑いで逮捕されていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2443466 0 社会 2021/10/14 14:12:00 2021/10/14 14:23:41 2021/10/14 14:23:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211014-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)