日本脳炎の予定がコロナに…診療室分けずワクチン誤接種、12歳未満の子どもに副反応か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道七飯町は14日、町内の医療機関で日本脳炎ワクチンを接種する予定だった12歳未満の町内の子どもに対し、誤って新型コロナウイルスワクチンを接種するミスがあったと発表した。

 発表によると、今月12日、医師が子どもに誤ってファイザー社製のワクチンを接種した。医師は1人で、診察室を分けずに複数種類のワクチンを扱っていた。医師はその場で誤接種に気づき、子どもと保護者に謝罪した。子どもは翌13日、同ワクチンの副反応とみられる37・9度の発熱があったが、14日には平熱に戻り、今のところ健康被害は確認されていないという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2446112 0 社会 2021/10/15 13:45:00 2021/10/15 16:11:02 2021/10/15 16:11:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211015-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)