読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「大麻の合法的成分を投与した未成年」の大半が所在不明…元教授4論文、京大が捏造と発表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都大は15日、京大霊長類研究所(愛知県犬山市)元教授で著書「ケータイを持ったサル」などで知られる 正高まさたか 信男氏(66)が2014~19年に発表した4本の論文が 捏造ねつぞう だったとの調査結果を発表した。

 正高氏は昨年3月に霊長研を定年退職したが、当時既に不正の疑惑があったため、退職金の支払いは保留になっている。霊長研は今後、4本の論文について正高氏に撤回を勧告するとともに、処分を検討する。

 発表によると、4本はいずれも正高氏が一人で執筆しており、うち1本は大麻の合法的成分「カンナビジオール」(CBD)の効果を調べた論文。対人関係を築くことが困難な社会不安障害の改善に効果があるかどうかを調べるため、18、19歳の男女に投与したとの内容で、19年にスイスの科学誌に掲載された。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2447509 0 社会 2021/10/16 05:00:00 2021/10/16 13:44:20 2021/10/16 13:44:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)