読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

10~20代男性、2回目ワクチンは選択可能に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は15日、米モデルナ製で新型コロナウイルスワクチンの1回目を接種した10~20歳代の男性について、2回目接種で米ファイザー製とモデルナ製のいずれかを選べるとする方針を示した。

 モデルナ製は、ごくまれだが、統計的に心筋炎などのリスクがあるとされるため。ただし該当する若者にファイザー製の接種を「推奨」することは見送った。

 10~20歳代の男性は1回目にモデルナ製を接種した場合も、予約を取り直せば2回目にファイザー製を接種できる。厚労省はこうした方針を自治体に文書で通知し、ファイザー製の接種希望が増えて量が不足した場合は、追加で配送する体制を整えるとしている。

 厚労省の3日現在の集計によると、国内でモデルナ製ワクチン接種後の心筋炎や心膜炎の発症者は、10~20歳代の男性の場合100万人あたり25~28人で、同世代の男性が自然に発症するより高い傾向がみられた。同世代の男性のファイザー製接種者では、100万人あたり3~9人だった。

 厚労省は15日の専門家会議で、「10~20歳代の男性にファイザー製の接種を推奨する」との案を示していた。しかし委員からは「ファイザー製でも発症例はある」「新型コロナに感染すると心筋炎や心膜炎の発症率は高くなり、モデルナ製でも接種のメリットは十分ある」などの意見が出され、厚労省が表現を修正した。

 国内でモデルナ製は、主に大規模の接種会場や職域接種で使用されている。

[解説]接種の有効性 変わらず

 新型コロナワクチンの接種後、心臓の筋肉や、心臓を包む膜に炎症が起きる症例は国内外で報告されている。スウェーデンは30歳以下でモデルナ製の接種を停止するなど、慎重な動きもある。

 ただし軽症が多く、発症がごくまれである点では、ファイザー製と大差はない。国内の集計では、心筋炎や心膜炎の頻度が比較的高いとされる10歳代男性のモデルナ製接種者でも100万人あたり28・8人の割合で、0・003%未満だ。

 厚労省によると、10~20歳代の心筋炎や心膜炎はワクチン接種後4日程度に多い傾向があるとし、この間に胸の痛み、息切れなどの症状が起きれば、早めの医療機関の受診を勧める。

 コロナに感染すると、若者でも重症化や後遺症などの深刻な影響が出る恐れがある。北里大の中山哲夫特任教授(臨床ウイルス学)は「国内では若者の接種がまだ少なく、心筋炎や心膜炎は慎重に症例を追跡する必要がある。ただ感染と副反応のリスクを比べれば、若者でも接種する意味は大きい」と話す。(科学部 渡辺洋介)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2447534 0 社会 2021/10/16 05:00:00 2021/10/16 05:09:00 2021/10/16 05:09:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)