SNSで「ヤサイ」「クサ」、隠語で客募り大麻密売…高校生ら所持容疑で逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県警は15日、乾燥大麻を密売目的で隠し持ったなどとして、北九州市などの男子高校生2人を含む当時18~29歳の男女8人を大麻取締法違反(営利目的所持)容疑などで逮捕、送検し、捜査を終結したと発表した。高校生らは昨年以降、SNSを通じて不特定多数への密売を繰り返していたという。

福岡県警察本部
福岡県警察本部

 発表では、高校生2人は昨年9~11月、県内で密売目的で乾燥大麻を所持するなどした疑い。ほか6人は、高校生のうち1人が所属する密売グループのメンバーや顧客らだった。2人はいずれも「お金がほしかった」などと供述しているという。

 県警が昨年9月、無免許で車を運転した疑いで高校生1人を現行犯逮捕した際、所持品から大麻を発見し、発覚した。2人はSNSで「ヤサイ」「クサ」などの隠語を使用し、1グラムあたり4000~5000円で仕入れた大麻を、6000~8000円で売っていたとみられる。

 県警によると、県内で同法違反容疑で摘発された未成年者数は、2016年は4人だったが、17年は17人に増加。昨年は62人で過去最多だった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2447697 0 社会 2021/10/16 07:10:00 2021/10/16 09:06:51 2021/10/16 09:06:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)