読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

陸上自衛隊10万人動員、28年ぶりの大演習…「いかに早く部隊送り補給するか」課題洗い出し

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上自衛隊の全部隊が参加する訓練が全国各地で行われている。約30年ぶりとなる最大規模の演習だが、食料をトラックに積み込んだり、人員を移動させたりするなど、基礎的で「地味」な内容が中心だ。日本の周辺で緊張が高まる中、本当に自分たちは有事に対応できるか――。訓練の背景には、陸自のそんな葛藤が見える。(渡辺星太)

「地味な訓練」

96式装輪装甲車を貨物列車に載せる民間作業員(9月19日、東京都品川区のJR東京貨物ターミナル駅で)=陸上幕僚監部提供
96式装輪装甲車を貨物列車に載せる民間作業員(9月19日、東京都品川区のJR東京貨物ターミナル駅で)=陸上幕僚監部提供

 敵に見つからないように穴を掘って燃料入りのドラム缶を隠す。野外救護所にエアコンを取り付ける。コンテナを並べて中身を確認する……。4日、 日出生台ひじゅうだい 演習場(大分県)や 十文字原じゅうもんじばる 演習場(同)で報道陣に公開された訓練の中身は、淡々としたものだった。

民間の輸送トラック(左奥)が運んできた衛生用品などが入ったコンテナを受け取る自衛隊員(4日午後、十文字原演習場で)=浦上太介撮影
民間の輸送トラック(左奥)が運んできた衛生用品などが入ったコンテナを受け取る自衛隊員(4日午後、十文字原演習場で)=浦上太介撮影

 部隊が前線で敵と 対峙たいじ することを想定した演習だが、戦車が走り、ミサイルが発射されるイメージとは異なり、包帯や止血バンドといった衛生用品が入った箱を開封して整理するなど、まるで引っ越し作業のような雰囲気だった。参加した隊員も「地味な訓練ですよね」と汗を拭っていた。

 これらの物資は、2~3週間前、北海道や東北など全国の駐屯地から搬出された。民間の船や鉄道、航空機などによって運ばれた物もある。演習場内では、民間ドローンで医療品を運ぶ訓練も行われた。

 陸自によると、こうした訓練は9月15日から全国各地で始まり、11月末までの約2か月半、全陸自隊員の7割にあたる約10万人を動員して続く。出動前の準備や物資の輸送に焦点を当て、自衛隊が重視する九州地方に全国の部隊を集める点が特徴だ。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2448240 0 社会 2021/10/16 15:21:00 2021/10/16 15:32:14 2021/10/16 15:32:14 「96式装輪装甲車(WAPC)」を貨物列車に載せる民間作業員(9月19日、東京都品川区のJR東京貨物ターミナル駅で)=陸上幕僚監部提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)