読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

甲府放火、2遺体は住人夫婦…内臓に届く刺し傷

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2人の遺体が見つかった火災現場を調べる捜査員ら(13日、甲府市蓬沢で)
2人の遺体が見つかった火災現場を調べる捜査員ら(13日、甲府市蓬沢で)

 甲府市で民家が全焼した放火事件で、山梨県警は16日、焼け跡から見つかった2人の身元を、この家に住む会社員井上盛司さん(55)と、妻のパート従業員章恵さん(50)と発表した。DNA鑑定などで断定した。死因は刃物で刺されたことによる失血死と判明しており、県警は井上さん夫婦を被害者とする殺人事件として捜査を進める。

 この事件では、井上さんの次女に対する傷害容疑で同市の少年(19)が逮捕されている。調べに対し、同じ高校に通う井上さんの長女との間で「LINEの連絡が取れなくなった」と供述。「(長女に)好意を寄せていた」とも話しており、県警は動機や事件の背景を調べている。

 捜査関係者によると、井上さん夫婦の遺体には、刃物で刺されたような傷が複数あり、内臓に届く深い傷もあった。少年は「複数の刃物を持っていった」と供述し、現場からは複数の刃物が見つかっている。県警は凶器を事前に準備していたとみている。

 発表などによると、同市 蓬沢よもぎさわ に住む井上さん一家は4人家族で、事件が起きた12日未明、夫婦が1階、10歳代の姉妹が2階で就寝中だった。次女は午前3時半頃、人が争うような声を聞いて1階に下りたところ、逮捕された少年とみられる男と鉢合わせし、長女とともに2階ベランダから外へ逃げた。同3時50分頃、井上さん方から出火し、木造2階住宅を全焼した。現場では油性反応が検出された。

 少年は現場から約30キロ離れた山梨県内の駐在所に出頭。出火直前の井上さん宅で、次女を刃物で襲い、頭部にけがを負わせた疑いで13日に逮捕された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2448194 0 社会 2021/10/16 14:41:00 2021/10/17 09:15:44 2021/10/17 09:15:44 2人の遺体が見つかった火災現場(13日午後1時20分、甲府市蓬沢で)=高村真登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50060-T-e1634429738702.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)