読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】大分親子強殺、現場付近で容疑者の車の映像確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大分県宇佐市の民家で昨年2月、親子が殺害されて現金が奪われた事件で、強盗殺人容疑で逮捕された会社員佐藤翔一容疑者(36)(大分市緑が丘1)が事件当日、現場付近を自分の車で走行していたことが、大分県警への取材で分かった。県警は車で現場に向かったとみて、前後の足取りも含め捜査を進める。

山名さん親子の遺体が見つかった住宅(昨年2月4日、大分県宇佐市で)
山名さん親子の遺体が見つかった住宅(昨年2月4日、大分県宇佐市で)

 発表によると、佐藤容疑者は昨年2月2日夜、同市 安心院あじむ 町荘、郵便配達員山名博之さん(当時51歳)宅で、山名さんと母親の高子さん(当時79歳)の首などを刃物で突き刺すなどして殺害し、現金約5万円を奪った疑いで15日に逮捕された。

 県警によると、防犯カメラの映像や、現場付近を通行した車両からドライブレコーダーの提出を受けて映像を解析するなどしたところ、佐藤容疑者が乗っていた黒い乗用車が確認されたという。

 現場は、山あいにあり、周囲に田畑が広がり、住宅が点在している。佐藤容疑者は事件当時は大分市内に住んでいたが、かつて宇佐市内で暮らしていたことがあったという。山名さん親子と面識はないとみられ、県警は動機を調べている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2448198 0 社会 2021/10/16 15:00:00 2021/10/16 15:00:00 2021/10/16 15:00:00 <宇佐 殺人事件>山名さん親子の遺体が見つかった住宅(大分県宇佐市で)   2020年2月4日撮影   5日朝刊西部27面掲載<掲載紙面見出し>『79歳母と長男殺害か 刃物傷多数、家に土足跡 大分・宇佐』<掲載紙面記事>大分県宇佐市安心院(あじむ)町荘の山名高子さん(79)方で3日、山名さんと、同居する長男で郵便配達員の博之さん(51)が首から血を流して死亡しているのが見つかった。2人の遺体からは刃物による傷が多数確認され、県警は4日、2人が殺害されたとみて捜査を始めた。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)