読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県職員「酒は抜けたと思った」…朝まで日本酒5合飲み、午後に車で民家の石垣接触

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大分県は15日、飲酒運転で物損事故を起こしたとして、農林水産部の男性職員(51)を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。

大分県庁
大分県庁

 県によると、男性は1月2日夕~3日朝、豊後大野市の自宅で日本酒5合を飲んで寝た。3日午後3時20分頃、車を民家の石垣に接触させ、飲酒検知で呼気1リットル中0・2ミリ・グラムのアルコール分が検出された。県警は道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検し、竹田区検は不起訴とした。

 男性は「酒が抜けたと思った。県の信頼を落とす行為をして申し訳ない」と話しているという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2449342 0 社会 2021/10/17 09:47:00 2021/10/17 10:02:01 2021/10/17 10:02:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)