読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

島民の牛がゴッツン…真剣勝負、迫力の「牛突き大会」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 島根県隠岐の島町北方の一夜嶽神社の牛突き場で、「一夜嶽牛突き大会」が開かれた。島民が飼う牛たちが迫力ある戦いを繰り広げた。

激しくぶつかり合う牛(隠岐の島町で)
激しくぶつかり合う牛(隠岐の島町で)

 隠岐の牛突きは約800年前、承久の乱(1221年)で隠岐へ配流となった後鳥羽上皇を慰めるため、島民が開催したのが起源とされている。

 10日にあった大会には、3~5歳で体重600~950キロの雄牛20頭が出場。勝ち負けを決めない8番と、真剣勝負の2番の取組を行った。牛たちは角を使いながら激しくぶつかり合い、観戦した約300人が、牛の健闘ぶりに大きな拍手を送っていた。

 全隠岐牛突き連合会の村上芳雄会長は、「昨年は子牛が増えなかったが、今年は十数頭増える予定だ。来年はもっといい大会になる」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2449355 0 社会 2021/10/17 09:56:00 2021/10/17 09:56:00 2021/10/17 09:56:00 激しくぶつかり合う牛(隠岐の島町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)