読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ふるさとの生活よみがえる…福島・大熊町の新成人に振る舞われた「UFOパン」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 16日に福島県大熊町で開催された成人式後の交流会で、町内で洋菓子店を営んでいた加村 一美かつみ さん(72)が焼いた「UFOパン」が振る舞われた。子どもたちを始め幅広い世代に親しまれた人気商品で、参加者は懐かしい味をかみしめた。

町の名物だった「UFOパン」を焼き上げる加村さん(15日、埼玉県行田市で)
町の名物だった「UFOパン」を焼き上げる加村さん(15日、埼玉県行田市で)

 加村さんは、JR大野駅前に店を構える「加村菓子店」の3代目で、1980年頃から店を切り盛りしていた。原発事故で町に避難指示が出され、会津若松市や群馬県を転々とした後、妻享子さん(68)の古里、埼玉県行田市に落ち着いた。

 障害者の就労支援施設で働いていたが、70歳を節目に2019年に退職。昨年12月に市内で「手ごねパン SORA」を開業した。

 現在の店でも人気のUFOパンは、丸い生地を覆うようにクッキー生地を重ね、オーブンで焼き上げる。ふっくらした円盤形が特徴で、事故前は町内の幼稚園などにも提供し、素朴な味が評判だった。

 成人式実行委員会から依頼を受けた加村さんは「UFOパンに思い入れがあったとはうれしい」と協力を快諾。定休日の15日に約50個のパンを焼いて、大熊町に発送した。交流会でパンのプレゼントが伝えられると、各地から集まった参加者から歓声や拍手が起こった。実行委員長の女性(21)は「思い出の味と、大熊での生活がよみがえった」と声を弾ませた。加村さんは「懐かしの味で古里の思い出を語り合ってほしいと思って作った。食べてもらえて良かった」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2450213 0 社会 2021/10/17 23:59:00 2021/10/17 23:59:00 2021/10/17 23:59:00 町の名物だったUFOパンを焼き上げる加村さん(10月15日午後0時38分、埼玉県行田市で)=鞍馬進之介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)